踏み台昇降ダイエットは毎日継続出来る!まさに最強の有酸素運動[397日目の記録]

2021年5月

踏み台昇降ダイエットの記録

2021年5月1日の記録です。

2021年5月1日の記録
[はじめて397日目]
[歩数]6,657歩
[時間]62分
[累計歩数]2,502,683歩
[累計時間]24,993分

今日の雑記

【誘惑に負けてしまうあなたへ】
やらなければいけない事があるのに
ついつい、時間を浪費してしまう。

こういうこと、誰にでもありますよね。

私の場合の一番の時間泥棒は
やっぱりスマホです。

昔はこんな簡単に
知らない人と知り合えるツールなど
もちろんありませんでした。

ちょっと集中したいとしても
通知が気になってしまいます。

スマホって究極の時間泥棒です。
手のひらサイズにあまりにも沢山のものが
詰まっていて便利すぎますよね
楽しすぎますよね。

我々は気を許したその瞬間に
『奪われる側に落ちる』ということを
認識したほうが良いですよね。

Google社とYouTube社でキーマンとして
働いていた方の共同著書
『時間術大全』によると
スマホは世界中の天才たちが
智を結集して作り上げたもので
本能的に時間を奪うように設計されているから
抗おうというのは時間のムダ
という趣旨のことを学びました。

アプリの提供者たちはいかに
自分たちのアプリを使ってもらうか
を膨大なデータを集めて日々研究して
いますし、やっぱり抗うのは難しいですね。

最近は決められた時間はロックがかかる
時間金庫というものも販売されたりしますし、
遠ざけるにはそういうものを
使うのも良いかもしれません。

基本的に私は大事な用事をする時は
スマホは電源を切ってカバンの中に
放り込んでおきます。

ここからちょっと視点を変えたいのですが
そもそもなのですけれど
『やらなければいけないこと』だから
時間泥棒たちの誘惑に勝つのは困難であって
それが『やりたいこと』であれば
良いと思うんです。

どうすれば『やらなければいけないこと』を
『やりたいこと』にするのか
ここが大事なポイントですよね。

ここで役に立つのはイメージの力です。

その事を終えた時をイメージをしてみましょう。

あなたがその事を終えたら誰が喜んでくれますか?
その人はあなたにどんな声をかけてくれそうですか?
あなたが手に入れるものは何なのでしょう?

この先にはどんな困難が待っていて、
それを克服してやり終えたとしたら
どんな感情がするのでしょう?

『やらなければいけない』ことなば
やっぱり取り掛からないといけないですよね。
少しでも足取り軽くチャレンジ出来るように
イメージの力に助けてもらうのはとても良いです。

と、いうことで
『やらなければいけないこと』はイメージの力を借りて
『やりたいこと』へ昇華し
さらに時間泥棒となるテレビやスマホなどは
気にならないように電源を切っておきましょう。

誘惑を克服する方法として
ぜひ実践してみてくださいね😁

では、また次回の投稿でお会いしましょう☆

人生ミッションコーディネーター
日本一の踏み台昇降プレイヤー(累計250万歩)
森田でした。

See You Next Time!

▶▶▶はじめてこのブログへお越し頂いた方はコチラ