意志力をデザインする方法 おすすめ5選

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は 意志力をデザインする方法5選 という
話題でお話したいと思います。

では、スタートです。

—————————————————————

『意志力』ってなんでしょう?

・ダイエットをしたい!
・英会話を上達させて留学したい!
・高学歴、高収入な会社に入って人生の勝ち組に
 なりたい!

こういう『何かを望む力』である、ということは
みなさんの共通認識だと思うのです。

世の中の成功者たちは口をそろえて行動しろ
と言っていますし、思うだけでなく実際に行動を
始めてみるのはとても素晴らしいことです。

思考することはとても大事ですけど、
現実世界になにも影響を与えることはありません。

行動を始めてみること、これが出来たとしたら
ゴールが100点だとすると70点くらいは
これだけで達成しているのではないかと思います。

残りの30点はなんでしょう?
それは『継続すること』ですよね。

意志力というのは、実は『ふたつの側面』が
あると私は思うんです。それは

・始める時に必要な意志力
・続ける時に必要な意志力

このどちらも合わさって『意志力』なんですね。
自動車でも走り出す時と、走り続ける時のギアは
違いますもんね。

ここを『しっかりと分けて捉える』ことって
何気に大事だと思いませんか?

意志力と言っても、それぞれ必要な心のチカラは
別物だと私は思うのです。

『スタンフォードの自分を変える教室』という書籍
で、意志力は3つに分けられるとお話していました。

それは・やる力
・やらない力
・望む力
です。

やる力『やる力』は文字通り『やりたい事を遂行する力』
です。これは始める時に最も必要な意志力です。
継続していく際にも必要ではありますが
次のやらない力のほうが継続していくには大事
であると思います。

やらない力『やらない力』『誘惑に打ち勝つ力』とも
言い換えられます。

ちょっとややこしいので補足しますが、例えば
ダイエット中に、暴飲暴食をするのを我慢する。
勉強しなければいけないのにスマホを見るのを我慢
する、などに必要な意志力がこのやらない力です。

意志力は日常の生活の中でどんどん削られて
いきます
。このやらない力を温存していくことが
継続させていくにはとても大事になります。

望む力『望む力』は先のふたつともに影響を与える
『土台となる意志力』です。
やっぱり『○○したい』という気持ちは強ければ
強いほどそれは大きく強固な意志力へなります
継続への最後の一押しをするのはこの望む力です。

では、ここから先は意志力をどのようにデザインを
していくべきかを考えていきたいと思います。

意志力や集中力は生活の中ですり減っていきます。
いざ、取り組みたいとなった時に精神的に
疲れ果てていては十分な成果は得られないです。
温存していくのかが大事になってきますよね。

踏み台昇降を続けてきて、それなりに
『継続するということ』へ色々な方から声かけて
頂けるようになって、これは大事だなと思うことを
いくつかありますけど『5つ』に絞ってみました

やる力を鍛える方法
・毎日やっている記録を書き込むこと
・頂いた応援は素直に喜ぶこと
やらない力を鍛える方法
・誘惑は可能な限り遠ざけること
望む力を鍛える方法
・楽しめるように試行錯誤すること
・今日も取り組めた自分エラいと褒めること

この辺りは、かなり継続することに効果あるな
と思います。順に見ていきましょう。

やる力を鍛える方法

毎日やっている記録を書き込むこと私は自作でカレンダーを作っています。
ここに毎日の記録を書き込むことで、また翌日の
モチベーションにつながっています。
これは『絶対にやったほうが良い』です。

目標達成に向けて、その日は何をしたのか
それを書き込むだけで良いです。

2日、3日と書き込まれていくと、また明日も
がんばろう、という気持ちが不思議と沸いてきます。

残り少ないですが、8月と9月のカレンダーを
アップしておきます。
画像に文字を入れ込むアプリを私は使っています。

頂いた応援は素直に喜ぶことSNSを使うことで、同じような取り組みを
している方と繋がれることもあると思います。

私は、踏み台昇降を日課にしている方を
『ふみふみプレイヤーさん』としてお互いに声を
掛けられたり掛けさせて頂いたりしています。

人とのつながりはオキシトシンという
幸せホルモンの分泌も助けます。

もし応援頂けたならそれは『最高のギフト』です。
自分なんてまだまだだし、なんて斜に構えるのは
終わりにして、心から喜べば良いんです。

やらない力を鍛える方法

誘惑は可能な限り遠ざけること誘惑を遠ざけることは意志力のやらない力にとても
大きな影響を与えます。『幸福優位7つの法則』
中で『20秒ルール』というものがあります。

身につけたい習慣は
あと20秒早く取り掛かれるように工夫する。
遠ざけたい習慣は
20秒以上かかるように手間を与える
というものです。

例えば、ランニングしたければウェアを着て寝る。
ギターの練習をしたければリビングの真ん中に
ギターを立てる。
集中力を遠ざけるテレビはリモコンの電池は抜いて
カバーでもかけておく。といった具合です。

自分の行動パターンを知り負けやすい誘惑に
気が付きましょう。その誘惑は20秒以上始める
までに手間をかけるようにしていきましょう。

スマホのアプリは一番遠く深い場所へ移動しておく
などですね。

望む力を鍛える方法

楽しめるように試行錯誤すること試行錯誤は『毎日食べるTKGの味変みたいなもの』
です。私は踏み台昇降をしながら書籍の
レビュー動画などを主に見ています。

毎週ごとにテーマとなる本を決めてその本に
関わる動画を要約しているYoutuberさんを何人も
見ています。

毎週日曜日にはそのレビュー記事を投稿し、翌週は
また別の本の要約動画を見る、というような一種の
味変をしています。

自分で考えた『こうしたら良いんじゃね?』が
うまく行った時の『よっしゃー!』感は
想像を超えると思います。

それがたとえ些細なことであっても
ますます、自分の取り組みが好きになっていく
スパイラルを生み出すことになるんですね。

積極的に味変をしていくと良いでしょう。
うまくいかなくても、そんなもんです。
誰に迷惑かけるわけでもありません。

失敗であったのなら、
『この方法はうまくいかないのが
 分かってよかった』
とプラスに転化して、次のアイデアを思いつくまで
続けていきましょう。

まずは、世界に自分の取り組みを発信してみる
ことから取り掛かることをお勧めします。
誰かと繋がれる可能性が爆上がりです。
利用しない手はないですよね。

今日も取り組めた自分エラいと褒めること

やり切った自分をしっかりほめてあげましょう。
『〇〇今日もがんばった!』って口にだせたら
尚GooDです。

自分で自分のこと、ほめてあげていますか?
あなたが人生において一番付き合わないといけない
のは親でもパートナーでもなく、自分自身です。

自己肯定感がないと何をやっても長続きしません。
むしろ、自己肯定感さえしっかりあれば何をしても
意志力は強固なものとしてあなたの取り組みを
後押ししてくれるはずです。

逆に、今日はやれなかったとしても
決して自分はダメだって責めないでください。
そういう日もあります。

自分でコントロール出来ることだけで私たちの日常
は出来ていないんですよね。

運動をしている人に私がおすすめしているのは
『瞑想』です。
マインドフルネス瞑想を私は日課にしています。

詳しいやり方はここでは割愛しますが、
最後に関連記事としてご紹介しますね。

滴る汗を感じながら、自分の呼吸、そして
『今、ここにあること』に集中します。

身体も心もスッキリします。汗を流す前に3分で
OKです。ぜひあなたも瞑想をしてみてください。

まとめ

意志力を鍛え、最大限に自分の力へと
変えていく方法の5つを今回はご紹介しました。

今回の記事のまとめとしては

意志力には
・始めるときに必要な意志力
・続けるために必要な意志力
があります。

意志力は
・やる力
・やらない力
・望む力
 の3つに分けられます。

私が継続するために意志力を利用する方法は
やる力を鍛える方法
・毎日やっている記録を書き込むこと
・頂いた応援は素直に喜ぶこと

やらない力を鍛える方法
・誘惑は可能な限り遠ざけること
望む力を鍛える方法
・楽しめるように試行錯誤すること
・今日も取り組めた自分エラいと褒めること

千里の道も一歩から とは言いますがはじめの一歩
を踏み出せる人はとても素晴らしいと思います。
ですが千里を歩き続けることはもっと過酷だとも
思います。今回の記事がそのお役に少しでも
立てたら嬉しいです。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました。

また次回☆ミ

瞑想についての記事はこちら

このブログについて

雑記のまとめ記事はこちら