客観的に自分の事を見れるようになる方法を2つ紹介!

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は、客観的に自分を見るための方法 という
テーマでお話したいと思います。

では、スタートです。

初級編と中級編の2部構成でお話していきますね
宜しければ最後までお付き合いください。

—————————————————————-


「もっと客観的に自分のこと見なさいよ」
職場の上司に言われたりパートナーに言われたり
たびたびあるかと思います。
私も良くありました。

はぁ?それが出来たら苦労しねーよ!?

って逆ギレしたくなると思うんですけど
ちょっと待ってみましょう。

この記事ではどうやったら自分で自分の事を
客観的に見れるようになるのか

についてお話していきます。

超高額なスクールとかでやってそうな事かも
しれませんが、もちろん『無料』です。

上級編はそちらの優良な有料スクールにお任せして
今日は初級、中級として2つご紹介しますね。

この2つを実践して、『自分の事を客観的に見る』
が私も出来るようになってきたので、
あなたへも共有したいと思います。

早速ですが、初級編から行きます。
これはすごく簡単です。

今この瞬間からやれるようになります。
それは、とある魔法の言葉を使うんです。

「今、自分は〇〇だから◇◇っぽいな」です。
これを心の中で唱えることです。

例えば、満員電車でイライラしていたら
「今、自分は 満員電車でぎゅうぎゅうに
 されて イライラしてるっぽいな」

例えば、お腹が空いていたら
「今、自分は朝ごはん食べていないから
 お腹ペコペコっぽいな」

例えば、あなたが男性だとして
好きな人と一緒にいてドキドキしていたら
「今、自分は世界で一番かわいい〇〇ちゃんと
 デートしてるからドキドキしてるっぽいな」

などですね。いかがでしょうか。

客観的に自分の事を見るというのは、
別のもう一人を頭の中に作るのが手っ取り早い
です。

大事なのは、ただ「イライラしているっぽい」や
「お腹が減っているっぽい」ではなく、

満員電車でぎゅうぎゅうだから や
朝ごはん食べていないから などの
その理由もセットで意識することです。

そうすることで、おのずと
『自分の心の行動パターン』が見えてきます。

これが出来るようになると、きっとこの先に
訪れる自分の心理パターンはこれかな?
と先読み出来るようになるんですね。

これが客観的に自分を見る方法の初級編です。
すぐに始められると思います。

picture

続いて、中級編です。
なぜこの方法を『中級』としたかという理由から
先にお話しますね。

この方法の効果は初級よりも断然良いです。
ですが、始められるかたはいろいろと
心のハードルがあって少ないのではないか?
と思うから、ですね。

心のハードルというのは
先入観や、漠然とした理由のない印象
そういったことをここでは意味しています。

自分を客観的に見る中級の方法、
それは何かというと「瞑想」です。
正確には『マインドフルネス瞑想』です。

瞑想というと、
チベットの山奥とかでお坊さんが「悟り」と
やらを開くのにずっっっっとやっている
なんかアヤシイ儀式
みたいな印象をお持ちの方が
大半なのではないかと思うんです。

私も悟りを開くのは、チベットのお坊さんに
任せておけば良いと思います。

ここで行う瞑想のゴールは悟りを開くことではなく
「脳みそさんを休ませる」ことです。
これがゴールです。

このマインドフルネス瞑想が脚光を浴びたのは
Googleのエンジニアの方がこの瞑想を取り入れた
自己成長プログラムを考案したことがきっかけです。

その瞑想プログラムは
『サーチインサイドユアセルフ』と名付けられ
Google社内で取り入れた結果、その効果が絶大
ということで世界の名だたる企業でも現在は
取り入れられ始めています。

ここ最近は瞑想をするためのスタジオなんかも
数多くオープンしていますし、ある意味
空前の瞑想ブームなんですよ、今は。

このマインドフルネス瞑想は一体何をするのか?
お寺に行くの?それとも山奥に?
いえ、どこでも出来ます。

なぜかというと、「呼吸に意識を集中するだけ」
だからです。

瞑想と聞くとスピリチュアルなものを連想される方
が今でも多いと思いますが、『心のトレーニング』
なんです。

正確にはEQ(エモーショナルクオリティ)という
心の知能指数をより高めるトレーニングです。

このマインドフルネス瞑想は呼吸に集中すること
によって勝手に頭がアレコレと考えるのを
ストップさせることができるようになります。

これが客観的に自分を見つめることにも
つながるんですね。

サーチインサイドユアセルフという
瞑想プログラムは書籍化もされていまして、
私も勉強しました。

今では、日課で毎日踏み台昇降を1時間というのを
自分に課していまして、それを終えた後に
風呂場で(全裸になって)したたる汗を感じながら
このマインドフルネス瞑想をしています。
時間にして5分弱くらいでしょうか。

普段、脳みそさんは私たちが思っている以上に
色々なことを勝手に考えては消えていくという
『自動思考』というものを絶えずやっています。
空ぶかしの車のエンジンと同じなんですね。

脳みそさんを休ませてあげると
とてもスッキリします。

経験者じゃないとうまく伝えられないのは
語彙力のなさですね、すいません。

心の知能指数を高めるというのも自分で実践して
慣れてくるとなんとなく掴めてきますよ。

初級編では心のトレーニングは出来ませんでした。
私個人としては瞑想も取り入れていくべきと
強くオススメします。

picture

では、実際にどのようにやるのか
サーチインサイドユアセルフのレビュー記事から
引っ張ってきます。

1.楽な姿勢で座ります。
  目は閉じても開いていてもOKです。
 (私は閉じてます)

2.呼吸をしてみます
  腹式呼吸を意識しましょう。
  そうすると鼻から入った空気が鼻腔を
  抜けていく感覚が分かります。

3.吸い込んだ空気は次に肺へ
  運ばれていきます。上半身が空気を
  取り込むために動くのも感じられます。

4.お腹が膨らんでいっぱいまで膨らんだら
  ゆっくりと息を吐いていきます。

5.喉の奥へ吐き出される空気が
  あがってきます。口腔内を通って口から
  吐き出されていきます。

6.唇は体内から吐き出された温かい空気を
  感じて震えます。お腹も吐き出しつくす
  頃にはしぼんでいくのが分かります

7.これでまた 1 へループしていきます。

『呼吸する』を単語にするとたった4文字
ですけど細かく見ていくといろいろなことが
されているんですね。

瞑想といっても難しいことはなく、
呼吸に集中するこれだけでいいんです。

やってみると分かるのですが、
何も考えないように気を付けても
脳は常に自動思考であることが染みついている
ので、勝手に思考を開始します。

その時は、自分を責めるでもなく
また呼吸に集中していけばいいです。
脳が自動思考を再びやめることが
EQのトレーニングになります。


瞑想を習慣化すると、一歩引いた状態で
物事を見れるようになっていきます。

自分が何かに怒ってしまったとしても
I am angry であっても
I feel angry へ
自分で意識出来るようになるんですね。

ぜひ、マインドフルネス瞑想を日常の中に
取り込んで客観的に自分の事を見れるように
トレーニングしてください。

サーチインサイドユアセルフのレビュー記事の
リンクも貼っておきます。
もっと詳しく、マインドフルネス瞑想の事を
知ることが出来ると思います。

瞑想への関心が高まっているのか
多くの方に読んでいただいています。
ありがとうございます。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました。

また次回☆ミ

人気記事書評レビューまとめ
人気記事本は『読む』から『聞く』時代へ! Audible(オーディブル) なら『1冊無料』で始められます