踏み台昇降ダイエットは毎日継続出来る!まさに最強の有酸素運動[405日目の記録]

2021年5月

踏み台昇降ダイエットの記録

2021年5月9日の記録です。

2021年5月9日の記録
[はじめて405日目]
[歩数]7,221歩
[時間]62分
[累計歩数]2,558,378歩
[累計時間]25,491分

今日の雑記

【成功を掴みたいあなたへ】
これまで沢山のチャレンジをしてきたと思います。
それでもまだまだ自分の望む成果へ
辿り着いていない方はきっと沢山いらっしゃると思います。

私もそのひとりです。

今までネガティブなイメージを持っているから
避けてきた道というものは誰にでもあると思います。

ひょっとしたら、その道を敢えて進んでいくことこそが
望む成果へ近づくただひとつの道である、
なんていうことも可能性としては
ぜんぜんあり得ることなんですよね。

チャレンジをした結果、望まない結果を
掴んだとしたら、私たちがやるべきなのは
あきらめることではなく修正や改善です。

特に『アプローチを変えてみる』
ということは良いアイデアであったりします。

これまで、ネガティブなイメージを持っているが故に
選んでこなかったアプローチ、
試してみる価値は十分にあるんですよね。

そうした避けてきたことへのチャレンジを
するときには闇雲に突き進んでも
やっぱりうまくいきません。


もともと、ネガティブなものへのチャレンジです。
足ヒレをつけて坂道ダッシュするような
ものなんですよね。

私たちが避けてきた道を進むために
変える必要があるもの、それは『連想』です。
言い方を変えれば『思い込み』です。

例えば痩せたスリムな身体を手に入れるチャレンジを
しようとして食事制限や運動ときいて
ネガティブな事を思い浮かんだとしたら
それはあくまで個人がもつ連想ですよね。

このどちらも人によっては我慢を強いられるもの
であったりするのでネガティブな連想を
持たれるのも当然です。

ですが、食事制限であれば
単に食事する量を減らすだけではなく
白米を減らしてバランス良いものを摂るとか
低糖質な食材を取り入れるとか
間食をなくす、野菜から食べるなどなど、
ちょっとの工夫で始められることもたくさんあります。

思ったほどネガティブではない場合も多いんですよね。

ネガティブなイメージを持つものだからと
敢えて調べていないことも多々あります。

連想を変えていけることは出来ると思います。
アプローチの改善をする際にはこういうことも
案外大事になることもあるかと思うんですよね。

その思い込みって本当なの?

ただ昔からなんとなく思っているだけ
ということは多いんですよね😊

では、また次回の投稿でお会いしましょう☆

人生ミッションコーディネーター
日本一の踏み台昇降プレイヤー(累計255万歩)
森田でした。

See You Next Time!

▶▶▶はじめてこのブログへお越し頂いた方はコチラ