地に足をつけた幸福、雲の上の成功

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は地に足をつけた幸福、雲の上の成功
というテーマでお話したいと思います。

では、スタートです。

—————————————————————-

踏み台昇降をしながら気になるテーマの
youtubeを見ながら私は日々インプットを
しているわけですが、精神科医樺沢紫苑先生の
動画も良く見ています。

インプット大全、アウトプット大全も
レビュー記事を書いていますし、何かと学べる事が
本当に多いんですよね。

そうした学びの中で、人類がいまだ明確に答えを
出せていない『幸福』というものに心理学や
脳の作用のアプローチからこれを明確にしたもの
がこの先生の動画の中にあります。

『幸福とは何なのか?』この問いに明確に答え
られる人はそれほど沢山はいないと思います。

それだけに、この価値観はひとつの指標として
留めておくべきことなのではないかなと思います。

価値観を吟味する中で、何かと比較ができると
いうのは、より一歩深い思考へ到達できると
思うんですね。

そういう意味でも、この樺沢先生流の
『幸福の定義』は頭の片隅においておくべきもの
であると、私は確信しています。

では、具体的にどのように幸福を定義しているか
というと幸福を感じると分泌される脳内ホルモン
を3つ
あげ、それぞれがどのような状態で
より分泌されるのか、をまとめたものになります。

以前の記事でも扱ったことがあるので
頭の片隅に残っている方もいらっしゃるかも
しれませんね。

その脳内ホルモンとは以下の3つです。

・セロトニン
・オキシトシン
・ドーパミン

これらが分泌されると私たちは心が安らいだり
癒されたり、幸福感をより強くするのだそうです。

それぞれにどのような時に分泌されるのか、に
ついても明確になっているので共有しますね。

セロトニンの働きセロトニンは
・朝起きて気分が良い
・すがすがしい
・活力に満ちている

などの『安らぎ』『癒し』や『ポジティブな心理状態』
などに作用します。

逆に、『心配』『イライラ』『落ち着かない』
などのネガティブな気分に支配されているようなら
このセロトニンが不足していると思われます。

セロトニンは
・太陽の光を浴びる
・運動する
・食事の際によく咀嚼する
これらで多く分泌されます。

心身のバランスを整え、良い体調を作ることの
できる脳内物質と言えますね。

オキシトシンの働きオキシトシンが分泌されることで得られるのは
『つながりの幸福感』です。
人とのつながり、触れ合いによって分泌されます。

パートナーや大切な家族や愛するペットと共に
過ごすことでより多く分泌されます。
・スキンシップ
・コミュニケーション
・人とのつながり
これらと深い結びつきがあります。
人に親切にしたり、逆にされたりといった際にも
分泌され、社会性をもった人間らしい脳内物質
と言えます。

ドーパミンの働きドーパミンは
・社会的に成功を収める
・競った勝負に勝つ
・目標を達成する
・昇給したり昇進する
といった時により分泌されます。

達成感や高揚感による幸福感を司るのが
このドーパミンによるものです。

手にいれやすい順番としてはご紹介した
順番であると思います。

一般的に、最後の『ドーパミン的幸福』こそが
人類が得られる最高の幸福であり、誰しもそこを
目指して日々がんばっているのかもしれませんね。

ですが、どんなに社会的に成功を収めようが
うつ状態であったり、分かち合う人もいない孤独の
状態では果たして幸福と呼べるのでしょうか。

ネットが普及した現代が産んだテクノロジーや
利便さは間違いなく莫大な価値を生み出しました。

そのかわりに大きな大きな副産物も同時に
生み出してしまったと私は思います。

それは
・容易に人と比べられるような社会
・24時間365日でも労働が出来てしまう社会
です。

これらのせいで、私たちはドーパミン的幸福こそが
私たちの人生において『てっぺん』であるかの
ような錯覚に陥れられているのではないか

本来登らなくても良い天空への頂きを目指す山登り
をさせられてしまっているのではないか
と思うのです。

全員が全員、がんばっただけ成功するような社会
であれば、それも良しと出来るかもしれないです。
ですが残念ながらこの世界は不平等です。

雲の上の成功を目指すばかりに大事なものを失って
しまうこと、往々にしてあると思います。失って
はじめて気が付くのは、とても悲しいことです。

地に足をつけた幸福を噛み締めるだけでも
私たちは十分、幸福を感じられるそうです。

毎日心身ともに健康で仕事を心から楽しんで
打ち込める。愛する家族やパートナーやペットと
過ごしたりするだけで十分幸福を感じられるはず
なんですよね。

とはいえ、雲の上の幸福を目指すのは決して
悪いことではないですし、私も目指して行きたい
とは思います。

ですが、そのために『セロトニン的幸福』や
『オキシトシン的幸福』を犠牲にするような事は
極力避けて行きたいとも思うんですよね。

地に足をつけて、しっかり踏ん張れるからこそ
より高くジャンプすることが出来ます。

大切なものをしっかり大事にしつつ
そういうところを目指していきたいと私は
思います。

では、最後までご覧頂き
ありがとうございました。

また次回☆ミ

このブログについて

雑記のまとめ記事はこちら

人気記事書評レビューまとめ
人気記事本は『読む』から『聞く』時代へ! Audible(オーディブル) なら『1冊無料』で始められます