『一般常識』という名の牢獄

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は『一般常識』という名の牢獄という
タイトルで、私が最近に思ったことを皆さんと
共有したいと思います。

では、スタートです。

一緒に囚われない人であり続けましょう。

——————————————————————–

このタイトルから連想されることって
なんでしょう?

一般常識が何か問題ありそうな話っぽいですよね
まぁ、そうなんです。

それでは、一般常識って何なんでしょう?
例えば

[1]飲酒運転やあおり運転は危険だから
  厳罰化に賛成
[2]人を傷つけてはいけない
[3]人のものを盗んではいけない
[4]世界は貧困層と富裕層に分断されている
[5]戦争やテロなどの死者は増えている
[6]人は20歳過ぎまで勉強して
  60歳過ぎまで働いて余生を過ごす

まだまだ一杯あるんでしょうけど
キリがないのでこんなところにしておこうかと
思います。

これらを見てると一般常識って大きくざっくり
分けると2種類に分かれると思うんです。

『道徳的なもの』か『それ以外』か

なんか、某ホストさんみたいなこと言ってます。
道徳的なものについては、もう絶対に揺るぎ
ようがなくそのままで良いですよね。

さっきの例でいうなら上の3つ。
[1]飲酒運転やあおり運転は危険だから
  厳罰化に賛成
[2]人を傷つけてはいけない
[3]人のものを盗んではいけない

きっとこれらは道徳的な観点からも正しいと
私は思います。
皆さんの感覚とズレていなければいいん
ですけれど。

恐らく、議論の余地はこちら側にはない
ですね。

もう一方、『道徳的なものではない一般常識』
ちょっとコイツが曲者なんですよ。

先ほどの例でいうと

[4]世界は貧困層と富裕層に分断されている
[5]戦争やテロなどの死者は増えている

これらは全くそんなことはありません。
ファクトフルネスを学ぶ時にインプットした
ことです。さらに

[6]人は20歳過ぎまで勉強して60歳過ぎ
  まで働いて余生を過ごす

これも、今は常識と思って良いと思いますが、
人生100年時代を迎えるにあたりこの常識も
変わっていくと思われます。

これは、ライフシフトで学んだことです。

『道徳的なもの』と『そうでないもの』
一般常識をこの二つになぜ分けたかというと、
勘の良い方はお分かりかと思いますが

道徳的な一般常識は普遍的である
それ以外はなんとなくみんなの意識の
集合体で、移り変わっていくもの

だからです。

移り変わっていくものとして、流行やブームなど
が挙げられますが、個人的には申し訳ないの
ですが、これらには全く興味がないんですよ。

タピオカとか、一回も飲んだことないですし。
おいしいんでしょうけれど。

ファッションの流行も特に女性は移り変わりが
激しくて、本当に大変だろうなと思います。

流行や、ブームはその名のとおり流れ行くものだ
と思っているので、敢えてそこへ自分からはまり
に行こうとは思えないんですよね。

それらと常の意識と言われる常識はやっぱり別物
なのかなと思います。

さて、ここまで来てやっと本題に入っていきますが

一般常識という名の牢獄。

これからは道徳的な常識以外の常識について
考えていきたいと思います。
ちょっとわかりにくいので道徳的な常識ではない
ものを便宜上「その他の常識」
とさせて
いただきます。

結論から申しますと

積極的に学ぶ姿勢を持たないと
囚われたままになりますよ

ということです。

流行とまではいかないにしてもその他の常識は
必ず移り変わっていきます。

移り変わりレベルとしてはこんな感じでしょうか
流行>>>>その他の常識>>>>>>>>>>>>普遍的な常識

その他の常識として先ほどの3つの例を
挙げましたが見て頂いた方の中には、

そんなことないんじゃね? 
世界は2極化してないでしょ

いやいや、戦争やテロ自体減っているし
死者は増えてないでしょ

このどちらか、または両方思われた方もいると
思います。

そうなんです。常識にもズレがあるんですよね。
ここで、抑えるべきポイントとしては
その他の常識は大多数の人がただ、そう
思っている共通認識であるということです。

昔は、カップラーメンだってこんなに浸透して
なかったです。

電話を持ち運べるようになる事だって
人が空を飛べるようになることだって
馬に乗らないで移動できるようになること

全てのイノベーションは、はじめから万人に
受け入れられた訳がないんですよね。

そして、いち早くこれらの可能性を見出した人が
莫大な利益を得ています。

先行者利益というものは、やっぱりありますし
これからもあり続けると思います。

世の中の常識に囚われると常識が変わるまで
変化に対応しようとしないんです。

仮想通貨を例に出しますが、一度も利用したことの
ない人はまだ80%位の人はいるらしいです。

・どんなものなのかも知らないで利用しないのか
・その仕組みを知ったうえで利用しないのか

この両者間の隔たりたるやどれほどあること
なのか、創造に難くないです。

簡単にさらっとお話しておきますが

仮想通貨はハッキングされて大変なことに
なっているから危ない


こんな認識を持っている方が多いと思いますが
ブロックチェーンという技術が仮想通貨には
使われています。

これは、改ざんが出来ない台帳を世界中で
共有しているので仮想通貨そのものは
安全なんです。

ただ、その取引を担う業者の隙をついてそういう
悪いことをする輩が残念ですがいます。

仮想通貨そのものが怪しい、ではないんですね。
信頼のおける取引所を使うことをオススメします。

さらに言うなら、ざっくり過ぎる説明なので
しっかりご自身でも調べられたら良い
ですね。

この仮想通貨が世界中で使える通貨になったら
どんな世界が待っているのでしょう。

その他の一般常識に対する行動心理は大まかに
5つに分けれられると思っています。

[1]そもそも常識などに縛られず、自分で
  欲しい情報なら調べていく
[2]世間の認知が揺らいできたら疑問を持ち
  はじめて自分で調べていく
[3]完全に世の中の認知が変わったら自分で
  調べてみる
[4]なんだかよく分からないけどみんなが
  良いっていうからとりあえず始めてみる
[5]認知が変わってもこれまでの生き方を
  変えることはないと頑張り続ける

いかがでしょうか。
[5]の人はほとんどいないと思いますが
それと同じくらい[1]の人も少ない
のでは
ないかな、と思います。

先行者利益を享受できるのはせいぜい[2]まで
だと思いますよね。

一番多いのは[4]だと思うんです。
調べもしない、便利そうだし周りも使っている
から自分もやってみよう。

という方ですね。

お使い頂いている方はお分かりいただけると
思うのですが。

今の時代にキャッシュレスをまだ導入していない
人はもはやキャッシュレスに関しては
[5]だと思われた方が良いのかなと思います。

何が言いたいのかといいうと

一般常識<知りたい欲で可能な限りいないと
時代から搾取される側であり続ける
可能性がとても高い。

ということです。
気にはなっているけど、調べたことがない
というものがある人は毎日ひとつでも知識を
増やすための時間を5分でも持たれることを
オススメします。

常識という牢獄に囚われることなく
この変化が激しい時代を一緒に生き抜いて
いきましょう。

私も出来ているわけではなく、自分への
戒めもこめて今回、記事にさせていただきました。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございます。

また次回☆ミ

このブログについて

雑記のまとめ記事はこちら

人気記事書評レビューまとめ
人気記事私が踏み台昇降を始めるまでのお話