一方通行なら進むしかないっしょって己を鼓舞した話

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は一方通行なら進むしかないっしょっていう
話題でお話したいと思います。

何気に、これに気が付いた自分エラいかもって
思いました。
ひょっとして、常識だったりして。

では、スタートです。

ああ、言われてみればそうかもなって
思っていただけたら嬉しいです。

—————————————————————–

人生100年時代と言われ、これまでにない
生き方も模索されていますよね。

『誰も経験したことのない時代』がすぐそこに
やってきています。
2007年に生まれた人の50%はなんと107歳まで
生きるだろう
と言われています。

マジかよ??
って思いますが、それを否定するよりも
そうなるかもしれないって思って備えておくのが
良いですよね。

これまでは20歳過ぎまで学び、60歳過ぎまで働き
その後の老後を10年ほど満喫して土に還る
というのが基本的な一生の流れでした。

これから人生100年の時代になるとどうなるのか?
を少し想像してみましょう。

このブログでもレビュー記事を挙げていますが
『LIFE SHIFT』の中でこれまでの
人生3ステージというモデルは崩壊すると
言われています。

定年が65歳だったこれまでと比較すると
人生100年時代では老後があと40年も残ることに
なります。

当然40年間もの老後の資金も貯蓄できている人は
ごく一部であると言われています。

生涯賃金を3億円だと仮定して、毎月の給料の
4分の1を貯蓄に回していくと、65歳で定年を
迎えても老後困らない資金になっているという
試算があります。

給料の4分の1を貯蓄に回すなんて、現実的ではない
ですよね。と、すると必然的に働く期間が増える
ことが想定されます。

昔の70代と今の70代では体力も違いますし
実際に働くことは可能であると思われます。

問題は、何をするのか?ですよね。
誰もその時代を生きていないので正確なことは
断言できず、推し量るしか出来ないですが
計算処理や、膨大なデータから答えを見つけるなど
の演算は今後はAIがやることになるであろうと
言われています。

日本人が受けてきた問題に対して正解を見つける
教育は、そのまんまAIが得意な分野
であると
言えます。そう考えると、結構ヤバいことに
なりそうですよね。

24時間、365日働くことが出来、病気になる
こともない。モチベーションに仕事の出来が
左右されない。

普通に考えると、AIに出来ることは人間にやらせる
ことは非効率であると思えますよね。

これから私たちが探すべき方向性としては、
AIがまだ苦手なことを探していくと良い
言われています。

クリエイティブな作業や人の気持ちに寄り添う
ようなことは、まだまだ人類に軍配があがると
言われています。

個人的には、『〇〇さんだから』とかといった
個人や企業への信頼はAIには作れない
思っています。

AIがどれだけオススメ商品を目の前に並べようが
脳内SEOではこの〇〇さんに軍配があがります。

資本主義だった現代は、お金がお金を生むことが
一番効率よくお金を生み出す
ということが分かり
これ以上の発展はなされないと言われています。

これからは
『個人で信頼や信用を育んでいける時代』です。
インフルエンサーになることは難しいですが
世界中の人にあなたのことを発信することが
簡単に出来る時代です。

信頼や信用といった、目に見えない無形資産を
蓄えていきましょう。

そんなこと、自分には出来っこないと悲観する
にはまだ早いです。

人工知能が人間の知能を完全に上回る
『シンギュラリティ』と言われる事象は
2045年頃と言われています。
10年早まったとしても2035年です。

まだまだ、私たちには準備をする時間があります。
成長していくことが出来ると思うんです。
個人の意識によるところは大きいですが。

発展の反対は衰退ですし、
進化の反対は退化と言われます。

世の中の言葉にこうした相反する言葉があることが
多いですが、『成長』には対義語はないんです。

しいて言えば 成長しない かもしれないですね。
でも、これはあくまで現状維持のままです。
マイナス成長 なんて表現することもあります。
でも、これはマイナス側に成長しているだけで
成長の対義語ではないですよね。

成長したことをなかったことには
出来ないんです。言い換えれば、人類が
言葉を発明してから成長に反する言葉は
作られていないんです。

もう何万年も、作られていないんですよ。
これを知ったらもう、怖いものなんて
もはやないんじゃないでしょうか。

成長しようとさえすれば、せいぜい悪くて
現状維持です。実際には経験が残るので、
成長しないなんてことは
もはやあり得ないことなんです。

そう思えたら、人生100年時代だって
戦っていけると思いませんか?
一緒に成長していきましょう。

本質的に、『何を成したか』より
『何を残したか』の方がよっぽど重要だと
思いますし、そこに信用も信頼もあつまる
のではないかと思います。

ですが、何かを成し遂げずに何も残すことは
出来ません。小さなことでも成し遂げて
いきましょう。

成長には対義語はありません。
勇気をもってチャレンジしてやりましょう。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました。

また次回☆ミ

LIFE SHIFT のレビュー記事はこちら

このブログについて

人気記事書評レビューまとめ
人気記事私が踏み台昇降を始めるまでのお話