あなたが『人生の目的』を見出すことができる『5つの質問』とは?

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。
このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。
人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は 『人生の目的の見つけ方』 という話題で
お話したいと思います。

では、スタートです。

人生の目的、ちょっと壮大すぎるテーマですが
案外手の届かないものではないかもしれません。

——————————————————————-

あなたは人生の目的、探したことありますか?
私はあります。
でも、明確な答えってなかなかないですよね。
一生かけて探していくもの、なのかもしれません。

この見えない答えを追い求めている人は
たぶん、答えを探せないのではなく
人生の答えの探し方が分からない

ということなのかな? って思うのです。
学校の授業では教えてくれないですしね。

Amazonの書籍の中の約16万書ほどはこの
『人生の目的』について書かれた本だと言われて
います。やはり皆さん迷っているんですね。

人生の目的を分からないまま一生を終えるのは
残念ですけれど、ずっと探したままというのは
もっと残念ですよね。

若くして自分のやりたいことを見出せる人は
この人生の答えの探し方を無意識に理解している人
なのかもしれませんね。

私にとっての人生の目的はこれまでも、この先も
「自分の人生を最期まで全うする」
これだと思っています。

脳梗塞で入院して、結果的に後遺症もほとんどなく
日常生活に変化なく過ごすことが出来て
残りの人生は余生ではなく『与生』になったんですね。

与えられた命だと思うので、人にも与えられるもの
でありたいと思っています。
ブルーハーツの曲「ロクデナシ」の歌詞に
「生まれたからには生きてやる」
「生まれたからには生きてやる」
というところがあります。まさにその通りです。

私の話はさておき、人生の目的がまだ
しっかり定まっていない方は
これらの質問に答えてみてはいかがでしょうか?

[1]あなたは誰?
[2]あなたの好きなこと、仕事は何?
[3]それを誰のためにやるの?
[4]その人はあなたの持つ何を望み、
  必要としているの?
[5]その人は何を得ることが出来るの?

この質問を自分に問いかけてみることで
『あなたにとっての人生の目的』が見えてきます。

この人生の目的は世界で一流の大学に通って
社会的な成功を収めた人たちですら
見出せない人もたくさんいるそうです。

2番目の質問は、もしたくさん浮かんだら
スゴい幸せなことですよね。
もしひとつに絞るとしたらこのように
自分に問いかけてみてください。

たった今、ひとつだけ他人に教える資格が
自分にあると堂々と思えるものは何ですか?

これがきっとあなたが一番好きなことなんだと
思います。

ためしに、私の場合はどのようになるのか
答えてみますね
本業ではなく、踏み台昇降に取り組んでいる自分に
ついてこの質問をあててみます。

[1]あなたは誰?
→まさです。日本一の踏み台昇降バカを
 目指しています

[2]あなたの好きなこと、仕事は何?
→踏み台昇降をしながら得た知識を誰かに共有
 還元することです。

[3]それを誰のためにやるの?
→日々なんとなく過ごしてしまっている方たちへ
 むけてやっています。

[4]その人はあなたの持つ何を望み、
 必要としているの?
→毎日地味に、地道に積み上げてるところを見て
 コツコツと継続することは自分でも出来るって
 思えます。

[5]その人は何を得ることが出来るの?
→自分でもチャレンジできることは探せば
 あるんじゃないか? という活力を見出せます。
 私は日々何気なく暮らしてしまっている人へ
 チャレンジすることの大切さや手軽さを
 知ってもらいます。

いかがでしょうか?
この5つの質問をすることによって
自分の人生を見つめなおすきっかけになれば
とても嬉しいです。

picture

ここで、大事なことを共有したいのですけれど
最初の2つは自分の事で残りの3つは相手が必要
です。

相手はどのような人で何を望み、その結果
彼らがどう変わるか

自分の人生の目的を考えるときに、自分の中にだけ
フォーカスをあてても答えは出てこない
んですね。

他の記事でも書きましたが
自分って『自らを分ける』と書きます。

『自分を分けられる誰かがいて初めて自分』
なんです。なんだかんだ言っても、やっぱり人は
ひとりでは生きていけないのかもしれませんね。

世の中で成功している人たちはきっと
自分にしてもらうことではなく、人のために何を
してあげられるのか
、に焦点が恐らくあるんです。

ゲイツもベソスもザッカーバーグもきっと
自分の為にもはや働いてはいないでしょう。
彼らはちょっと特殊すぎるのかもしれないですけど。

ザッカーバーグたちが作っている仮想通貨リブラ
口座を持てないような貧困層の人でも口座を
持てるようにしたいというのが構想の根本
ですし
成功している人は他人の幸せを考えるように
していますね。

そんな彼らに対して仕事は何をしているの?
と聞く人はおそらくいないと思いますが
私たちには初対面の人と接すると、この質問は
よくありますよね。

相手は自分の値踏みをしてるのだろうか?
と思わなくもないですが、そんな時は
先ほどの質問の5つ目を話すと良いです。

あなたの仕事がどのように相手を変えるのかを
話すんです。

例えば
「世界中の子供達に毎晩、素敵な夢を
 与えています」
とか
「人々が最高の自分でいられるように
 手助けをしています」
とかはいかがでしょうか

上の例は絵本作家、下の例は服飾や化粧品の分野で
働いている方などですね。

自分の好きな事であれば、何も恐れることは
ありません。胸をはって夢を語りましょう☆

もし、その方が自分の人生の目的を見失っていたら
同じように、あなたは誰? から5つの質問を
自分に投げかけてあげるように話してあげてください。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました。

また次回☆ミ

人気記事私が踏み台昇降を始めるまでのお話
人気記事【おすすめ】おもちゃのサブスクをご紹介『KIDS LABORATORY』