運を引き寄せる法則とは?発想を転換して最強スキルを手に入れよう

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は 運を引き寄せる法則 について
考えてみたいと思います。ある意味、
人生で最強スキルかもしれないですよね。

では、スタートです。

———————————————————————

最初にお伝えしないといけないと思っている
ことがあります。それは運がいい人に
やはり不幸せな人はいない
、ということを
前提にしたいと思っています。

そして一般的に「運が良い」っていうことは
大まかに二つに分けられてると思うんです。

[1]宝くじなどが当たる強運
[2]困ったときも乗り越えていける強運

今回は[1]の宝くじを引き寄せる方法ではない
っていうことを先にお伝えしておきます。

宝くじで巨万の富を得た後、追跡調査をすると
全ての人が幸せな生活を送っているわけではない
というのも真実ではあると思うので
これは一過性の運の良さ、いわば「ツイてる」
だと思うんです。

ですので、宝くじを当てたい!!! という思いで
お越しいただいた方には申し訳ありません。
その方法をお伝えすることは出来ません。

一過性ではなく今後、運を引き寄せ続ける方法を
私も一緒に勉強していきたいと思います。
宜しければお付き合い下さい。

そもそも「運」ってなんでしょう?
みたままだと「運ぶ」と書きますよね。

運がよくなると何かを運べるのかな?
確かに困っている人へ何かを運んであげられる
ようになるかもしれませんよね。

でも、そこはちょっと見方を変えると
「運」というものの本質が見えてくるのかな
と思います。

どう見方をかえるかというと
「運ぶ」ではなく「運ばれる」です。

自分のもとへ運ばれる、与えていただける
これってすごく運がいいですよね。
困っていた時ならなおさらです。

とある事情で職を失ってしまい、路頭に
迷っていた時に昔の取引先の人に声を
かけてもらって仕事を紹介してくれる
とか、ささやかなものでは
スーパーの特売情報を教えてくれたりとか
実家から送ってきた果物を食べきれないからと
頂いたり

宝くじで大金をゲットするだけじゃなく
こういうのも「運が良い」って思いませんか?

今日はどうしたらこういう
人から与えていただける人になれるのか
についてちょっと掘り下げていく というのが
テーマになります。

とはいえ、答えはあなたの心のなかに
出ているのかと思います。

困っていたら手を差し伸べてあげたい人
きっとあなたにもいらっしゃいますよね?
もう、その人のようになることが答えです。

このページへ遊びに来てくれたあなたに
しっかりと持って帰っていただけるように
これまでの勉強したことでお伝えできるような
こともしっかりお話していきます。

picture

いくつかレベルというか段階があると思います。
まず、人にネガティブを与えてしまうような人
には、やはりこのようにならないと思います。

最低限、ここはしっかりクリアしましょう!

・自分の価値観を押し付ける
・人の悪口が大好き、悪口大会で盛り上がる
・不平・不満ばかりで改善策を言わない
・人との約束を守らない
・そもそも守れない約束をしてしまう
・社会の道徳から逸脱してる
  そこらへんにゴミを捨てる
  ご老人などの社会的弱者を邪険にする

最初のはちょっと自分にも言えますね。
押し付けているつもりはありませんけれど
見ていただいている方によってはそのように
映るかもしれないですね。

本当にそんなつもりはないです。
ブログという形式上、ある程度はそういう表現に
なってしまうということはあると思います。
気に障られたらごめんなさい。

上記の人たちが、もし身近にいたとしたら
助けてあげたい人ランキングの上位に
食い込んでくるひとはほとんどいないのでは
ないかと思います。いかがですか?

やっぱり、上記のようなことは運を遠ざけて
しまいますよね。

なかなか自分で気が付けないことも
多いかもしれませんが、心のどこかに
メモされることをお勧めします。

逆に運を引き寄せるにはどうすれば良いのか?
それは簡単で、これらのことをしないではなく
逆のことを積極的にやっていく、これに
尽きますよね。

・人の価値観を認め対話する
・人のいいところを見つけてほめる
・人との約束は必ず守る
・実現不可能な約束は安易に結ばない
・社会の道徳を重んじる

文字で表現すると、ものすごーく硬い人物像に
見えてしまいますね。

ですが、ひとつ確かなことをいうのであれば

困ったときに手を差し伸べてくれるのは
全くしらない赤の他人ではありません。
あなたがご縁を授かって繋がれた方々です。

その方たちへ心配りのある対応をしていくことで
困ったときに手を差し伸べてくれる人へ
なってくれるかと思います。

これで終わると良い話で終わるのですが
アメリカの研究で
幸せである人の特徴を調べてみたものがあります。

その中で断トツの最下位は「人に与えられる人」
だったんですね。

その理由は、自己犠牲の念が強すぎて
それを利用しようとするずるがしこい人たちへ
使われてしまう、というのが理由のようです。

ダメじゃん。これまでの話はなんだったのよ?
ってなるかもしれませんけれど
安心してください。

ぶっちぎりで成功してるのもこの
『人に与えられる人』なんですよね。

日本でも有名なひとでいうと
パナソニックの創業者、松下幸之助さんで
あったり、豊臣秀吉であったりがこの
『人に与えられる人』であったそうです。

最上位と最下位の人たちの違いは
運を遠ざける人たちとはしっかり距離をとる
という所です。

たったこれだけを気を付けるだけで
あなたは最下位になるリスクは格段に減らす
ことが出来ます。

人生は一度きり、人との出会いは
まさにトレジャーハンティングに似てますね。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました。

またね☆ミ

人気記事書評レビューまとめ
人気記事本は『読む』から『聞く』時代へ! Audible(オーディブル) なら『1冊無料』で始められます