『決める』ということを考えてみた話

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

今日は『決めるということ』について
考えてみました。
きっと、新しい発見があると思います。

お待たせしました。では、
決めるということを考えてみた話 スタートです。

私たちは生きているだけで毎日
選択と決断の連続です。

世界の誰も救わない、ちっちゃな
ミッションインポッシブルなお話から
スタートです。
————————————————————

先日、会社に出社するとき財布を家に
忘れてしまったことがありました。

改札を通ろうとしたところで気が付いたんです。
pasmoは財布の中なので電車に乗れないんですよね。

家から駅までは自転車で15分くらいあるので
取りに行ったら間違いなく遅刻します。

自宅には妻がいます。
あとはスマホと荷物のみ。
手持ちのカードはこれだけ。

遅刻しないギリギリの電車が出発するまで
残りされた時間は10分くらいです。

どうするかただちに選択しないといけませんでした。
会社にひとこと『遅れる』と電話すれば
いいだけなのですけど
限界まであがいてみようと決めました。

さて、この状態であなたはどうしますか?
限られた時間と限られた手札。
これでどこまで最善を尽くせるのか?
なんかちょっとワクワクしますよね。

頭の中をフル回転させて
目標達成にむけて一点集中です。

思考はこんな感じでぐるぐる回ります。

持ってきてもらう?
自転車で15分、徒歩で来てもらうとすると
その1.5倍は掛かるな、これは論外。

途中まで迎えに行けば間に合うか?
移動したら他のことが何ひとつできなくなるので
最善策ではないよな。
そもそもたぶん、間に合わねーか。

一番はじめにやったのは駅員さんに
「QRコードで切符は買えないですよね?」
って聞いたことです。

「はい、まだ買えません」
とのことで10秒で却下。

あがこうと決めたけど
さっそく心おれそうでした。
でも諦めたらそこで試合終了ですよね
安西先生。

改札に目をやると、スマホでタッチして
抜けていく人をみかけました。

コレだ!!!!
「モバイルSuica」コレしかねぇ!

これまで使ったことなかったですけど
これならたぶんイケる!
と思いました。問題は残された時間。

さっそく会員登録の仕方を調べました
どうやらApple Payに登録が必要らしいです。
必要なのはクレカの情報。
そのクレカは自宅の財布の中で眠っています。

妻に電話して財布の中のクレカを写真にとって
LINEに送ってもらうようにお願いして
なんとか利用できる所までこぎ着けて
ギリギリ電車に乗れたんですね。

駅からダッシュしましたけど、無事に間に合いました。
日中の買物は全部QRコードでやり過ごしました。
本当に便利です。

ここからやっと本題なんですけど
踏み台昇降をはじめて、2か月半になりますが
最近ちょっと心境の変化があるかな?
って気が付きました。

それが何なのか、もやっとしていたので
よく見つめなおしてみたのですけど
どうやら「決める」ということの考え方が
変わってきたなって気が付いたんです。

決めたことっていうと他には
ゼロ秒思考の動画を見て勉強するというのを
Twitterでみんなに宣言しちゃったので
動画を見終えた直後に、0時越えてたけど
コピー用紙を買いに行ったり

先日は動画みたことをメモしたいと思って
バインダーを買うって決めたら
すぐ買いに行きましたし

何が言いたいのかっていうと
決めるってことは行動が伴って初めて
決めたことになるんだな

ってことです。

だから、明日からダイエットするって決めた
っていうのは決めたことにならないって
思うんです。

行動を伴って初めて「決めた」ことになるこの捉え方って何気に結構大事なこと
なんじゃないかな?

先日勉強した「幸福優位7つの法則」のなかで
人間の意思の力などあてにならないって
述べてましたし、すぐに行動に移さないと
そのままズルズルと先延ばしにするだけだと
思うんですよね。
皆さんはどう思われますか?

ここで、さらに深堀りをしていくと
行動に移すということは
チャレンジを実際にすることになりますよね。

決めるってことはチャレンジすると同じ。
もっといえば
チャレンジし続けること=決める
だと思うのです。

チャレンジの数だけ成功と失敗がありますけど
それはすべて経験となって自分の中で糧となります。

『米+量』 で 『糧』 
ということは、量がないと糧にならないんです。
チャレンジの回数が多いほど
それは糧となってあなたの中に残ります。

決めたことはすぐに行動に移さないと
決めたということにはならない

これまで漠然としていたけど
人に許してもらえる範囲で、というのは大前提ですが
これからは意識して実践していこうと思います。

あなたの中にも何かしら残していけたら幸いです。
では、最後までご覧いただきありがとうございました

またね☆ミ

人気記事書評レビューまとめ
人気記事私が踏み台昇降を始めるまでのお話