【ここでしか聞けない】踏み台昇降だけがもつ7つのメリットを徹底解説!

雑記 ーRandom Noteー

こんにちは。
お立ち寄り頂いてありがとうございます。
あなたとの出会いに心から感謝します。

このブログのコンセプトは
『いつもの日常に一瞬でもポジティブを』です。

人生楽しんだもの勝ち、ということで
ポジティブを少しでも提供出来たらうれしいです。

突然ですが
ダイエットをしたいけど、続かない 時間がない
そんな悩みをあなたはお持ちではないですか?

ランニングやウォーキングがダイエットするには
良いというのが一般的ですよね。
私も否定しませんし、良いところはたくさん
あると思うんですね。

ですが、その固定観念に真っ向勝負
私がダイエットに一番オススメするのは
踏み台昇降(スローステップ)です。

この踏み台昇降を2020年3月から続けています。
記事作成時で累計歩数は45万歩を越えました。

毎日やっているのも証拠になるかとYoutubeで
動画も上げています。
>>Youtubeはコチラ

日本一の踏み台昇降バカというアカウントで
Twitterもやっています。

一緒に励ましあいながらダイエットもできる
と思いますので気軽にフォローもしてください。
>>Twitterはコチラ

日本一踏み台昇降をやっている(と信じている)
私が、今日は『踏み台昇降のメリット』について
解説していきます。

全部で7つ出しています。
これはどこのサイト見てもこれだけ出している
ところはありませんでした。

なので、このブログを見れば他を見る必要は
あまりないのかな?と思います。
以下がその一覧です。

踏み台昇降特有の7つのメリット
【1】移動時間がゼロ
【2】運動しながら他の事もできる
【3】強い精神力を身に着けられる
【4】0円ではじめられる
【5】室内でできる有酸素運動
【6】工夫次第で飽きづらい
【7】人の目を気にしないで出来る

また、以下は踏み台昇降特有のものではないですが
継続することで得られるメリットについて
まとめました。

他の有酸素運動でも得られるメリット
【8】消費カロリーが多い
【9】体力の向上
【10】筋トレにもなる

では、順に詳細をみていきましょう♪

1】移動時間がゼロ

まず第一に自宅内で出来ます。
私は家の段差を利用してやっています。

段ボールや週刊誌などをガムテープでぐるぐる巻き
にして始めるかたもいます。

ジムに行くのが暑くてムリ、みたいなことには
ならないです。踏み台昇降ならではですね。

もっともあなたの時間を奪わない有酸素運動、
それが踏み台昇降です。

2】運動しながら他の事もできる

踏み台昇降中はテレビを見ることはもちろん、
読書の時間にする方もいますし、試験勉強の
暗記なども踏み台昇降は海馬を刺激するので
とても良いです。

私はYoutubeで学びある動画を見ることで
自己成長の時間にしています。

これらはランニングやウォーキングでは
難しいですよね。

これこそが、私が断言する
踏み台昇降こそが最強の有酸素運動とする
1番の理由です。

【3】強い精神力を身に着けられる

良くも悪くも、踏み台昇降は
やらない理由を外部要因に出来ません。

ランニングやウォーキングと違って、
今日は天気が悪いからとか言い訳できない
んですよね。

時には内なる自分と向き合い、何がなんでも
日課はやる、という強い精神力が必要な場面も
あると思います。

私も残業で帰れず、夜中の1時から始めた
こともあります。

こうした自分との闘いに勝ち続けることで
自ずと強い精神力も身についていきます。

【4】0円ではじめられる

専用の踏台も売っていますが、
高さが10~30cmの物があれば代用できます。

最初は10~15cm位のものを用意しましょう。
私は家の段差を利用していますが、15㎝でした。

段ボールや週刊誌をガムテープでぐるぐる巻きに
するだけでも始められます。

室内なので服装も気にする必要はありません。
ただ、怪我の予防のためにも室内用の
ランニングシューズくらいは買ってもいいと思います。

ちなみに、私は素足です。

【5】室内でできる有酸素運動

室内で出来る運動ですと、筋トレやヨガなど
ありますがどちらも脂肪燃焼や有酸素運動に重きを
置いていないですよね。
ダンスなどは室内で出来る有酸素運動の部類に
入りますね。

飛び跳ねるダンスは周りの騒音を気にしないで
良い環境であれば良いと思います。

室内で出来る有酸素運動としては、
飛び跳ねる訳ではないのでやはり踏み台昇降が
おすすめです。

階下が気になるようでしたらヨガマットなど
利用すると尚よいかもしれません。

天候に関係なくできますので、
習慣にしやすいです。

飽きっぽい人や紫外線を防ぎたい人でも
続けやすいですよね。

特に暑い夏場は熱中症になりやすいので
外での運動は控えるひともおおいですよね。

その結果、継続するのもおっくうに
なってしまうもの。

踏み台昇降なら、そんな心配はありません。

さらに女性であれば(男性でも増えてますが)
ノーメイクでやれるのも魅力のひとつです。

【6】工夫次第で飽きづらい

ランニングやウォーキングと違って室内で出来る
という強みを最大限生かすことが出来ます。

テレビを見ながらでも出来ますし、歯磨きを
しながらだって出来ます。

私は、踏み台昇降中に勉強したことを
アウトプットするという循環を作っているので
毎日飽きずに続けています。

他の有酸素運動と違って
『踏み台昇降だけに集中しないでOK』
いうところが工夫の余地がありますよね。

【7】人の目を気にしないで出来る

服装自由、ノーメイクでもばっちり☆
手軽にできるのも踏み台昇降の大きな魅力です。
男性でもメイクする人は増えていますが、
女性にはこのひと手間いらないのはうれしいのでは
ないでしょうか?

ソーシャルディスタンスなども無用です。

【8】消費カロリーが多い

体型や段差の高さなどにもよりますが、
踏み台昇降は「1時間で150~300kcal」ほど
消費されます。

これは坂道ウォーキングやエアロビクスと
同じくらいの消費カロリーです。

なお筋肉も鍛えられるので、長期的にみれば
踏み台昇降の方が「痩せやすい体質」に
なれると思います。

特に踏み台昇降の上り下りの運動で一番刺激される
のは、おしりの筋肉です。ここは人体の中で
一番大きい筋肉です。ここが刺激されれば自ずと
消費カロリーも増えていきます。

【9】体力の向上

踏み台昇降は有酸素運動なので、続けることで
心肺機能を高め、足の筋力を鍛えることが
できます。

筋肉がつくことで、体が疲れにくくなるなどの
体力アップが期待できます。

「最近疲れが気になる」
「階段を登るとすぐに息切れしてしまう」と
感じたら、踏み台昇降なら手軽にトライすることが
できますね。

【10】筋トレにもなる

階段の上り下りと同じなので、
「有酸素運動をしながら筋トレ」もできます。
筋肉が増えれば代謝も向上しますね。

特に、おしりの筋肉と第2の心臓と言われる
ふくらはぎが鍛えられます。

いつまでも衰えない強い足腰が作られます。

以上となります。
踏み台昇降のメリットはいかがでしたでしょうか。

メリットばかりをお伝えしましたけど
他の有酸素運動とくらべてデメリットも
挙げていきます。

デメリットとしては、大会とかが無いので
マラソンとちがって
モチベーションの維持が難しいことでしょうか。

ですがそれを余裕でこえるメリットが
踏み台昇降にはあります。
それほどのデメリットではないと私は思っています。

有酸素運動全般で得られる後半の3つのメリット
それに前半の7つの踏み台昇降特有のメリットを
のせてみると、やはり

踏み台昇降こそ最強の有酸素運動である

とあらためて断言できます。
これを機会にぜひ初めてみませんか?
Twitterで質問などありましたら受け付けます。

フォローいただければ一緒にがんばって
声かけあいながら続けていけますね♪
>>Twitterはコチラ

では、最後までご覧いただきありがとうございました。
またね☆ミ

人気記事書評レビューまとめ
人気記事私が踏み台昇降を始めるまでのお話